食あたりの症状と対処について

食あたり 症状

食あたり 症状について

食あたりの症状と対処について

画像
食あたりは症状、潜伏期間、原因など色々な種類があります。
菌やウィルスに汚染されている物をたべると体内で増殖して発症します。
感染型と毒素型がありほとんどの場合が感染型と言われています。
発症すると嘔吐、下痢、腹痛、発熱などで重症化するものもありちゅういが必要です。
原因菌は出血性大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクターで牛肉、豚肉、卵など加熱が十分でないと感染しやすくなります。
黄色ブドウ球菌は人の皮膚などに付着していることがあり、それが食品に移り感染します。
腸炎ビブリオやノロウィルスは魚介類を通して感染します。
食あたりの症状を発症し、下痢や嘔吐がある時は脱水症状になる時があるので適切な方法で水分補給をします。
また、嘔吐物が喉に詰まる可能性もあるので小さい子供や高齢者には注意が必要です。
食あたりに感染しない為には予防が大切で暖かくなる季節は気を付けましょう。
食品は清潔に扱い、加熱するものは十分に殺菌して、生物などは速やかに食べます。
保存する場合は適切な温度の冷蔵庫や冷凍庫で管理しましょう。
調理するときは手指を良く洗い、調理器具も清潔にします。
食中毒は予防する事が出来ます。